なちゅらるぽすちゃ

月に4〜10冊の本を読みあさる22歳。あらゆる人の『対人関係の悩み』を解消する為、コミュニケーション、心理学、恋愛学をベースとし、あらゆる視点からの問題解決に向けた発信をしています。【人は必ず変われる】あなたが変われば世界は一変する

『正しい』に潜む危険

f:id:curly8875:20170501203256p:plain

 

 

どうも、かーりぃことセイラです。

 

 

先日、お風呂上りに

滅多に飲まない牛乳を久しぶりに飲んだら

9日前に期限が切れていました。

 

今までの人生で5本の指に入るほどの

恐怖を感じた数時間でしたね・・・

(結局なんともなかった)

 

 

 

まあ、そんなつまらない前置きはこのへんにして

内容に入っていきましょう。

 

 

 

あなたは普段、

どんなときに誘惑に負けるか把握していますか?

 

おそらくですが、

「常に誘惑には負けてます」

なんてことはないと思うんです。

(そんなのは、ダメ、絶対)

 

普段の自分なら負けないはずなのに

なぜか負けてしまうタイミングがある・・・

 

 

もちろん、

僕にもそんなタイミングはあります。

 

 

普段から誘惑に対して強い人でも

誘惑に対して弱くなってしまう瞬間があるんですね

 

 

そのタイミングとは・・・

 

 

=============

『正しい』を頑張った後

=============

 

 

 

人は何かいいことや、

自分にとって正しいことをすると

いい気分になります。

 

そして、

「自分の考えは正しいんだ」

と自分の思考を信じてしまい、

その結果、

「これぐらいならいいだろう」

と悪い方向に判断を誤ってしまうんですね

 

 

これを

『モラル・ライセンシング』

と言います。

 

 

この性質が働くから

 

ジョギングを頑張ったのに

帰宅後、暴飲暴食をしてしまったり

 

朝から勉強を頑張ったのに

昼からはダラダラしてしまったり、

 

せっかく前に進んだのに

また後ろに下がろうとしてしまう

 

 

痩せるためにジョギングしていたなら

その後の暴飲暴食はもはや逆効果

 

自分にとって『正しい』ことが

結果としてマイナスに作用してしまうんですね。

 

 

『正しい』には

『その後怠けてしまうかもしれない』

という危険が潜んでいるんです。

 

 

 

じゃあ、どうすればいいのか・・・

 

 

それは、

===========

『目標』を確認すること

===========

 

香港科技大学とシカゴ大学の研究で

誘惑に負けず努力したことを

学生たちに思い出してもらったそうです。

 

その結果、

モラル・ライセンシング効果が生じ、

そのあと70%の学生が

自分を甘やかすような態度をとったといいます。

 

 

しかし、

学生たちに

「なぜ誘惑に負けなかったの?」

と理由を尋ねると、

モラル・ライセンシング効果は見られず、

次の誘惑に負けた学生は31%へと

大きく減少したそうです。

 

 

何か特別なことをした訳ではありません

ただ、

『目標』を確認しただけなんですね。

 

 

だから、

ジョギングをして

「俺は頑張ったんだ!!」

ってなるんじゃなくて、

 

ジョギング後に

「よし、来週までに1キロ落とすぞ」

と目標を確認するようにする

 

 

そうすれば

モラル・ライセンシング効果に踊らされず

自分の進むべき道を進んでいけるようになります。

 

 

自分にとって正しい行いをするのは

とても素晴らしいことですが、

その後の『モラル・ライセンシング』には

十分気をつけてくださいね。

 

 

 

ではでは、

今回はこの辺で。

 

 

■LINEマガジン参加はこちら■


様々な知識や考え方をシェアしている

LINEアカウントです。

 

質問や感想も手軽に送れるので

疑問や悩みもドシドシ受け付けてますよー

 

LINEマガジンに参加する


もしくはID検索から

「@pph6714o」

と検索してくださいね